毛馬桜之宮公園・藤田邸跡公園 2018年3月
気温上昇、駆け足できた開花。近場で。
▼ 写真の上にポインタ(矢印)を置くと、絵柄が替わります
▲毛馬桜之宮公園(2枚とも)

満開の桜に感動した。毛馬桜之宮公園の桜

桜の思い出は多い。戦後復興の波にのり各地で桜の植樹が盛んになる前・・・そのときでも桜とふれあう機会が多かった。
小学校が清水寺
(京都市東山区)から 400mの位置にあり、高台寺は通学路。円山公園は家から 500m、哲学の道も子どもの足で歩ける距離だった。
とはいえ〝満開の桜に感動〟したとなると、定年を迎え、小さな旅にでるようになってからだ。
2003年4月 高遠城址公園。七分咲きの夜桜を満喫した翌朝、気温がグングンと上がり、正午前に満開宣言がでた。
元気いっぱいの桜・・・・・白く輝いている桜に感動した。
上の文字をクリック、高遠の思い出を乗せている。
三室山・郡山城
(2013年)夙川(兵庫 2014年)佐保川・琵琶湖疏水(奈良・京都 2015年)半木の道(京都 2016年)・・・どの桜も満足感いっぱいの桜だった。
ここ数年の桜(左項に記載)は、どこも素晴らしく満喫できた。
満喫超えて感動感じたのはなぜだろう・・・〝60からの旅〟を見直して、ふと感じたことがある。

「高遠城址公園・毛馬桜之宮公園」ともに〝開花宣言がでた日の観桜〟だった。
花弁はピンと張っている。蕊には まだ赤味がなく〝白く輝く桜〟である。絢爛一歩手前の清純さが漂っている・・・すこし考えすぎかとも思うが 青春群像のような桜と受け止めた。
藤田邸跡公園
藤田財閥の総帥〝藤田伝三郎〟の屋敷跡。無料で開放され、大阪市の名勝に指名されている。毛馬桜之宮公園の一角にあるが、ここだけを観桜の場として行っても、十分に満足できる名園である。

毛馬桜之宮公園
藤田邸跡公園


 ←このマークをクリックしていただきますと、2018年3月(京都)玉川堤・けいはんな記念公園につながります。

【旅のデータ】
① 自宅 毛馬桜之宮公園 自宅