二つの岬・室戸へ 2014年5月
先送りはしたくない!。ツアーなのか、自分でハンドルを握るのか・・・迷って 迷って
▲ 室戸岬(高知県)


〝遠い!〟・・・ 高速道路が繋がっていないと、心理的な(体力的な)距離感は、予想以上に〝遠い!〟を感じさせる。
気軽に〝室戸1泊・足摺1泊〟で行けるかなと思い距離を算出(Googleの地図を利用)。
  自宅 →室戸岬:302km
  室戸岬→足摺岬:238km
  足摺岬→自 宅:463km
えっ、こんなに遠いんだ!自分の腕でハンドルを握るのはキビシイ、運転だけの旅になってしまう。
パックを探した。これだと乗せていただくだけだから、歳相応の旅になるのかなぁと。
  JTB:道後経由で3泊4日:計 1,150km
  KNT:道後経由で2泊3日:計 1,086km
KNTの場合 2日目、高速道路に恵まれない道後→芸西村の400km(399.7)を走ることになる。仮に平均時速を45kmとすると8時間52分。竜串海岸・足摺岬・四万十川が組み込まれているから恐ろしい。歳相応の旅どころか、冒険できる年代の旅だ。
JTBのツアーを参考にさせていただいて組んだ旅が4泊5日。それも 道後を外しての旅程だ。
少しはキツイ行程だったが、行ってよかったと思う。
だんだんと先送りができない年代に入っているので、〝今〟を逃したくない。心身共に〝今を大切にしたい〟と心がけている。

徳島市〝ひょうたん島クルーズ(約30分)〟なんとコレが無料!でビックリ。世話をしてくれる若者はボランティアだという。〝徳島ラーメンを食べたい〟といったら店の前まで案内してくれた。これもビックリ。

室戸岬への到着は翌日の正午過ぎとなった。
大きな奇岩に圧倒される。いつものようにカメラを持っていってはいたものの、どのように撮ったらいいのか判らない。広角でも対角線画角は90°くらいだろう。入れたい画角は180°~200°くらい。まずムリ。
しっかりと目に焼き付けよう・・・写真よりも自分の目に。ゆっくりと、ゆっくりと歩いた。


2014年5月18日 淡路SA(兵庫県淡路市)
2014年5月18日 ひょうたん島クルーズ(徳島県徳島市)
2014年5月18日 眉山(徳島市)
2014年5月18日 新町川水際公園(徳島市)
2014年5月18日 千秋閣表御殿庭園/徳島城址(徳島市)
2014年5月19日 えびす洞(海部郡美波町)、南阿波サンライン(美波町→牟岐町)
2014年5月19日 室戸岬(高知県室戸市)


← この旅のつづき
クリックしてください

← のマークをクリックしていただきますと、2014年4月(兵庫県・京都府)夙川公園・伏見酒蔵の街につながります。

【旅のデータ】
① 自宅 ⇒ ひょうたん島クルーズ眉山千秋閣表御殿庭園ホテル 白い燈台(泊)
② 宿舎 ⇒ 南阿波サンライン室戸岬、最御崎寺、室戸岬灯台モネの庭桂浜荘(泊)
③ 宿舎 ⇒
桂浜牧野植物園足摺サニーサイドホテル(泊)
④ 宿舎 ⇒
足摺岬金剛福寺竜串海岸竜串見残し海岸黒潮本陣(泊)
⑤ 宿舎 ⇒
美濃田の淵阿波の土柱 ⇒ 自宅