米沢(松が岬公園)、裏磐梯へ・・・ 20125
安らぎが味わえた「上杉の街」
▲ 松が岬公園(米沢城址) / 磐梯吾妻スカイライン

山また山の山形県にありながら、米沢城は 「平城」 である。この城の変遷は平城のイメージとはかけ離れ、複雑な奪い合いの様相も持っている。
鎌倉時代の建立では 「長井一族」 が。その後 伊達宗遠に侵略され、「伊達一族」 の支配下に入る。

大河ドラマ 「天地人」 で紹介された直江兼続が治水事業や新田開発で、この地を豊かにするのは、年譜を見ると、もっともっと後のことになる。
こじんまりとしたスケールだけど、「落ち着きを今に伝える街づくり」 は この頃に始まったのだろう。

堀の外側にある 「上杉伯爵邸」。いささか値の張る高級な宴席となっているが、ここは有形文化財、上杉記念館と称して無料で開放されている。
「浜離宮」 に倣ってつくられた庭園も、落ち着いたひとときをプレゼントしてくれる。いい街だ。
裏磐梯のルートでは、「磐梯吾妻スカイライン」・「磐梯吾妻レークライン」 そして 「磐梯山ゴールドライン」 の3ラインを走る予定を立てていた。今日は前の2本である。

米沢からは 「登り また 登り」 が続く。
最高地点(1,622m)までの標高は約1,370m。吾妻の山並みを縫うパノラマコース・・・その通りだと実感した。

道路の端が岩壁に見える。「ここは福島だ。余震があって道が割れたら・・・」。東日本大震災もまだ鮮やか、あれから1年少ししか経っていない。その間 大きな余震がたびたび襲っている。運転していて不安にもなった。
それほど迫力があるスカイラインだ。

残念だったのは天気。予定していた 「浄土平」 は強風・小雨模様。
ひたすら 今夜の宿泊地 「休暇村 裏磐梯」 へと走った。


2012年5月10日 松が岬公園(米沢城跡)、上杉神社、上杉記念館、
2012年5月10日 磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン

← この旅のつづき
クリックしてください

← のマークをクリックしていただきますと、2012年4月(大阪府)結崎面塚公園につながります。

【旅のデータ】
① 自宅 → 亀山PA/亀山サンシャインパーク名古屋港 太平洋フェリーいしかり(船中泊)
② フェリー→(太平洋側に沿って)仙台港 → 天童市:ホテルビューくろだ(泊)
宿舎 →
山寺(宝珠山立石寺) 蔵王エコーライン 蔵王ハイライン蔵王/お釜 KKR蔵王白銀荘(泊)
宿舎 → 蔵王温泉大露天風呂 松が岬公園(米沢城跡)/上杉神社/上杉記念館
磐梯吾妻スカイラインレークライン → 休暇村 裏磐梯(泊)
宿舎 → 五色沼探勝路(徒歩) 桧原湖周遊 喜多方蔵の里喜多方市美術館 → 休暇村 裏磐梯(泊)
宿舎 → 裏磐梯ゴールドライン 猪苗代湖 湖南町舟津公園大内宿塔の岪(へつり) 湯野上温泉 紫泉(泊)
宿舎 → 会津鉄道湯野上温泉駅 鶴ヶ城天守閣/茶室麟閣 御薬園新潟港 → 新日本海フェリーしらかば(泊)
フェリー → 鶴賀港(福井)
湖西道 → 阪神高速京都線 → 第二京阪 → 自宅