伊勢神宮・賢島・南伊勢町 2016年3月
賢島から西へ。入り組んだ海岸線。展望に期待して。
▲ 磯笛岬展望台(三重県南伊勢町)

地図の右端の赤い
。サミットが開催される賢島。ここから西へ(地図の左方向)へ凹凸に富んだ海岸線がつづく。
鳥羽・伊勢から賢島にかけては、多くのビューポイントや観光施設ならび、「観光地&名勝:伊勢志摩」として人気が高い。
左端の赤い
。紀勢大内山インターチェンジ。ここから南(地図の下方向)へ自動車専用道路が伸びている。数年のうちに「紀伊半島周遊」が完成する勢いだ。一大観光ゾーンとなって人気を呼ぶだろう。

南伊勢町の海岸線は、両観光ゾーンに挟まれている。多様な「海岸の表情や展望」が期待できそうだが、Web検索では、いまいち把握できない。
南伊勢町観光協会のホームページ「見る」の項目。「あけぼの展望台」「見江島展望台」「たちばな展望台」「かさらぎ展望台」の
4展望台の地図が同じもの。
「???だ。では、行ってみよう」妙な動機が今回の旅である。

Webの地図でマップコードを調べる。いつもの旅に比べると、入念なチェック。観光商工課観光交流係からも電話で情報をいただいた。
気分としては万全のツモリ・・・でスタート。
まいりましたネ。
南海展望台・・・到着できず!道幅は狭く不安になって戻りました。一本道のハズなんですが。
4展望台へ向かう道・・・案内板はなく!、付近にあったスーパーで教えていただく始末。なんとか すれ違いのできる道で、「あけぼの展望台」へ。3展望台へは歩き!。3~4台は停めるスペースがあると書かれていますが、あらかじめ歩ける距離だと情報をいただいていましたので。
「※一番近い公衆トイレは、鵜倉園地近くの〝みそねの浜〟にあります」との書き込み。一見、親切な案内ですが〝みそねの浜〟がどこにあるのか・・・案内にはナイのです。

体裁よくできているホームページですが、「展望台・風景」の項目は、まったくの体裁だけ。次の訪問先「ニラハマ展望台」に至っては、観光にはほど遠い荒れて汚れた施設。ガッカリを通り越しました。

観光・誘客には、まったく力を入れてない町、入れる必要を感じていない町なんでしょう。それはそれで、ひとつの見識であると考えます。
通俗的な観光振興や街興しで俗化されていないこの地域は、とんでもなく大きな財産を持っているのかも知れません。

ただ、この町が何を目指しているのか、もう少し「見える・感じる」ものが伝わってほしいと思いました。


伊勢神宮(外宮)
伊勢神宮(内宮)
おかげ横丁、賢島
 園地磯笛展望台、鵜倉園地(あけぼの展望台)
鵜倉園地(かさらぎ展望台、見江島展望台、たちばな展望台)
 ×南海展望台 ・・・ 道幅が狭くなり、危険を感じましたので、戻りました(道を間違えた? キッチリとマップコードを調べてはいたのですが)
 ×ニラハマ展望台・・・摂る気をなくしました。初めての体験です。大内山へ向かう帰路も、不安いっぱい。対向車は来るな!と祈りながら。


← のマークをクリックしていただきますと、2016年3月(奈良県)奈良県護国神社 につながります。


【旅のデータ】
① 自宅 しらず浜与本店外宮店 伊勢神宮:外宮神社 同:外宮神社 おかげ横丁 ⇒ 賢島パークホテルみち潮(泊)
② 宿 ⇒ 磯笛岬展望台 南海展望台(道細く、危険を感じたため戻る)
     ⇒ 鵜倉園地(あけぼの展望台、かさらぎ展望台、見江島展望台、たちばな展望台)ニラハマ展望台 ⇒ 自宅