「善峯寺 標高312m(桜)は まだ遠く」 2015年3月
二巡目の西国三十三霊場を行く
▲ 善峯寺(京都府) 2枚とも

西国三十三巡礼。納経帳の記録(初巡時)の記録では、1991年10月に参拝している。23年余り前だ。カムリに乗っていた頃だ。大きな車ではなかったが、善峯寺への道は細く、運転しにくかったことが甦る。
善峯寺は〝桜の名所〟としても知られている。おそらく、細い道での渋滞とすれ違い・・・いささか臆病になって、季節はずれの平日の参拝となった。
カーナビが表示する「善峯道」。細い。対向車が来ないことを祈りながら、ゆっくり運転。
寺に着いて驚いた。観光バス用の駐車場が数十台分。どこから来るのだろう、広い道があったのだろうか。
善峯寺で最も名高いのは「遊龍の松(写真1段目の3枚)」。1枚の写真に納まらない。全長37m。ビデオカメラが欲しいと感じた。
帰路、マイクロバスの後についた。カーナビの表示した善峯道を入らずに左折。なるほど、これなら ギリギリ観光バスも通れる。新しい道が作られていたのだ。
初巡時の写真が残っていないので、ボンヤリとした記憶になるが、〝建造物が増え、キレイになっている〟ように感じる。
「幸福地蔵(写真4段目:右)」「白山 桜あじさい苑」「文殊寺宝館」・・・ あったのかなぁ。

2015年3月28日 善峯寺(京都府京都市)


← のマークをクリックしていただきますと、2015年2月(大阪府・和歌山県)梅は咲いたか・・・ につながります。


【旅のデータ】
① 自宅 ⇒ 善峯寺 自宅