「そうだ 京都、行こう」 2014年11月
昨年 回れなかった〝右京区の紅葉〟まだまだ 行ってない先が いっぱい。
▲ 仁和寺(京都府) 2枚とも

いつも感心している観光のキャッチフレーズがある。
1994年の〝平安建都1200年事業〟に合わせたキャンペーンだが、今日も続いている。

JR東海の「そうだ 京都、行こう」。
  桜が満開になりそう・・・そうだ 京都、行こう
  紅葉が見ごろだそうだ・・・そうだ 京都、行こう
  静けさに出会いたいものだ・・・そうだ 京都、行こう
古都のイメージが強くて未来的な町ではないように思えるが
  未来と向き合ってみたい・・・そうだ 京都、行こう
と書けば、なんとなく収まってしまう。

話題が何であれ、五七五の後に「それにつけても金の欲しさよ」とつづけると、なんとなく納得してしまう狂歌。江戸時代の狂歌師〝太田南畝〟の作だそうだが、これに匹敵するぐらい「・・・そうだ 京都、行こう」は旅の言葉にフィットする。

旅に出たいが行き先が定まらないときでも「そうだ 京都、行こう」をあてはめることができる。なんとなく満足できる旅になる。

新幹線の果たしている役割も大きい。自由席で我慢できるなら、観光シーズンでも、とにかく乗れる。短時間で入口に立てる。足の便も整っている。
これも「そうだ 京都、行こう」を支える大切な要素になっているのだと思う。
JR東海「そうだ 京都、行こう」に掲載の名所旧跡
左京区 安楽寺 永観堂 貴船神社
銀閣寺 鞍馬山 金戒光明寺 三千院
詩仙堂 下鴨神社 寂光院 勝林院
真如堂 哲学の道 南禅寺 南禅寺 天授庵
平安神宮 宝泉院 法然院 曼殊院門跡
蓮華寺
北区 上賀茂神社 源光庵 正伝寺
大徳寺 黄梅院 大徳寺 髙桐院 大徳寺 大仙院 金閣寺
右京区 嵐山 梅宮大社 祇王寺
高山寺 廣隆寺 常寂光寺 神護寺
大覚寺 天龍寺 二尊院 仁和寺
妙心寺 退蔵院 妙心寺 東林院 龍安寺
上京区 北野天満宮 相国寺 西陣あたり
中京区 元離宮二条城
下京区 西本願寺 東本願寺
東山区 祇園 祇園巽橋 清水寺
高台寺 三十三間堂 青蓮院 泉涌寺
知恩院 智積院 東福寺 東福寺 光明院
西花見小路 二年坂 円山公園 宮川町
八坂神社 八坂通 八坂の塔
山科区 毘沙門堂 勧修寺
伏見区 城南宮 醍醐寺 伏見稲荷大社
南区 東寺
西京区 地蔵院 十輪寺 勝持寺
善峰寺
長岡京市 光明寺
宇治市 平等院 萬福寺 三室戸寺
八幡市 石清水八幡宮
滋賀県大津市 比叡山延暦寺

2014年11月20日 妙心寺(京都市右京区)
2014年11月20日 仁和寺(京都市右京区)
2014年11月20日 宝筐院(京都市右京区)


← のマークをクリックしていただきますと、2014年11月(兵庫県・愛知県)紅葉と黄葉 につながります。


【旅のデータ】
① 自宅 ⇒ 妙心寺 仁和寺 宝筐院 自宅