京都南部、静かに紅葉 201111
けいはんな記念公園、正法寺、笠置寺
紅葉の京都。交通渋滞、人いきれ、気にいった場所で撮れない・・・が定番。
ここ南部は 別世界かも。まちがいなく 京都 ですが。

▲ 正法寺

京都府相楽郡「精華町」「和束町」「笠置町」は、京都市内から南へ一路。奈良市の手前にあります。
「正法寺」有名ではありませんし、ちっちゃなお寺です。インターネットで検索しても、なかなかヒットしません。「正法寺 和束」で、ようやく山城広域振興局が載せているページへ。
(2011年11月現在)
YAHOOの紅葉情報をはじめ、いくつかのサイトには入っているのですが「隠れ紅葉スポット」でも書いておきましょうか。

2011年秋。晩秋に入っても暖かさが続き、紅葉の程度はストップしたまま。ようやく表示された赤いマークに出かけました。
「黄葉」これも「こうよう」って読むのですね。
ぼくの腕では、「もみじ・かえでの紅」は、思い通りの色に写せませんが、「銀杏の黄」は、素直に写ってくれます。
googleで黄葉情報と入れましたら、「もしかして紅葉情報」と、問い直してきました。
「こうよう」は紅がメジャー、黄がマイナーというところでしょうか。

笠置寺のもみじ谷。曇り空になりましたが、「紅・黄・緑」が混ざり合い、まさに「錦秋・錦繍」でした。
快晴・逆光・・・輝きを見に、来年もまた訪れてみようと感じました。JR関西線「笠置駅」から登り坂で約2q。足回りの悪さも「南部の特徴」といえるかも知れません。


2011年11月12日 けいはんな記念公園(相楽郡精華町)
2011年11月24日 正法寺(相楽郡和束町)
2011年11月24日 笠置寺(相楽郡笠置町)


【旅のデータ】
@ 奈良 → 国会図書館関西館けいはんな記念公園奈良
@ 奈良 → 正法寺笠置寺奈良

← のマークをクリックしていただきますと、2011年9月(東京都)葛飾柴又帝釈天につながります。