丹後半島 20114
残念! 海面の逆光をうけて、輝く桜を期待していたのだが・・・

丹後半島の桜・・・桜の開花情報に載ることは少ない。ほとんどの開花情報が「府県別」で表示され、その地域の名称が優先され、ピックアップされる。
丹後半島は「京都府」。
「京都」となると、名勝が目白押しだ。少々の桜の名所程度では、ピックアップされることがない。丹後半島の桜はワリを食っているのだろう。
桜が面白いのは、名勝と呼ばれなくとも、アチコチで桜の美しさを見せてくれる。
丹後半島の周遊道路にも結構な桜並木がある。3月下旬〜4月上旬・・・普段なら「満開」が飛び交う時期だが、異例ともいえる寒波。
早咲きの桜には お眼にかかれたが、期待していた そめいよしのは、固い蕾だった。

▲宇川温泉の一角で 「ひっそり」 と ▲丹後松島 ▲丹後松島
 ▲丹後半島周遊道路 ▲丹後半島周遊道路 ▲丹後松島
▲伊根湾めぐり ▲伊根湾めぐり ▲伊根湾めぐり


なんとなく面白い発見だったのは、伊根湾めぐりの寄ってくる「かもめのエサ」。
案内看板には1袋100円と朱書きされている。なんと「かっぱえびせん」だ。
じつは、ボクの大好物。かもめのエサにする前に、数本を自分の口へ。なんだか、かもめの上前をはねているようで奇妙な感じ。

帰宅してからネット検索。「かもめ 餌」・・・Googleでは、なんと808,000件。
すごいなぁ。いくつかを開いてみたら、み〜んな 「かっぱえびせん」。八代から天草・松島へ向かうフェリーでも、横浜でも、松島観光桟橋から遊覧船でも・・・なんと、Calbeeの独断場だ。
こんなメッセージもあった。
サッポロポテト、チーズビット、チーズ鱈で試したこともありますが、かっぱえびせんのサイズが「カモメの口ばし」にぴったりのようです。
このコピー(文章)を書いた人、きっと「かっぱえびせん好き」のように感じます。


【旅のデータ】
@ 奈良 →長岡京道の駅「和」 → てんきてんき丹後丹後松島宇川温泉よし野の里
A 宿舎 →
丹後半島周遊道路 伊根湾めぐり(船)舞鶴とれとれセンター → 長岡京 → 奈良


← のマークをクリックしていただきますと、2011年3月(大阪府)近つ飛鳥風土記の丘につながります。