「喜寿」を機会に集まったのですが 2015年9月
彦根城の堀を屋形船で・・・ソレ?なりの年齢を加味しての計画でした。「計画」です。
▲ かんぽの宿 ひこね にて
2日とも天候不良。屋形船・宗安寺での記念写真は撮れませんでした。

会が始まれば、たった5分で〝60年前に〟飛ぶ。
いつの頃からか、〝開会の挨拶=なし〟〝近況報告=なし〟〝会計報告=なし〟・・・ がクラス会の基本パターンに。誰が決めたワケでもなく、約束事でもナイのですが、一気に小学校の教室につながるのが、このクラス会。

還暦は満年齢、喜寿は数え年 と説明しても みんな首を傾げる。「ところで、誰か喜寿になったのか?」と。誰もが「喜寿はマダマダだ」と固く信じている。
説明するのも面倒くさい。このクラスには喜寿が似合わないようだ。
企画の段階では、彦根城域にある旧彦根藩主 井伊家の大名庭園で、鈴虫の音をBGMに呈茶のひと時を・・・ が組み入れられていたが、今年の開催は 一週間後とか。
代わりとなったのが掘割の屋形船。絵図面や古写真を基に忠実に再現されて屋形船で 季節を味わうことになった。この企画も「やや空振り」気味。
どうやら、自由になる時間さえ たっぷりあるのが、このクラス会の決めてのようだ。
お開きの寸前、ひとりがボソっとつぶやいた。「傘寿」で集まるときは、ひょっとしたら 半分になっているのかなぁ・・・と。全員 揃っているように感じるのですが。


彦根城堀の屋形船(井伊家の資料を基に江戸時代の屋形船を再現)
宿泊・食事会場「かんぽの宿 彦根」



「イニシアルでは名前が思い出せない。フルネームで記載してほしい」との連絡が入っています。
ネット検索等からの安全性と個人情報保護から、お名前の記載は【英文字+和文字の混合】としました。

※ 13名が集いました ※
 Asada 通子さん  Andou 和子さん  Inoue 佐知子さん  Tanaka 乃ぶさん  Matsumoto 恭仁子さん
 Matsumoto 文子さん  Yasuda 紀美子さん  Iwasaki 弘司くん  Katayanagi 庸史くん  Katayama 和人くん
 Tanaka 健一くん  Mimaki 弘忠くん  Watanabe 敬太郎くん    



プレートをクリックすると「前回」のクラス会に


会費等の預かり方法を変更します
2000年5月以降、クラス会での残余金は、連絡担当者が管理を行なってきましたが、今後は 毎回(残額が0になるように)清算することになりました。
次回開催に必要な連絡費等は、次回開催の会費から充当することにします。
どのような費用が発生していたかを 次回の参考にしていただくため、今回の会計報告は 詳細なものにしました。


 会計報告


 
 前回終了時の残高

22,346
 京都 割烹バル「土井」終了時
 切手の寄贈(2名) 3,400



 クラスメートの動向:DVDの配布
5,062
 
 開催案内(封書・返信はがき)
6,772 13,912  開催直前の預り金
 会費(宿泊 11名、日帰り 2名) 246,000

 宿泊 20,000円 日帰り 13,000円 
 交通費(タクシー代)
9,240
 駅→船、船→宿、宿→寺、
 乗船料(屋形船)
15,600
 1,300×12(1名は乗船せず) 
 宗安寺 謝礼
5,000
 
 懇話時への差し入れ者への返礼
2,220
 送料を含む
 懇談用の部屋グレードアップ料
6,000
 3,000×2室
 宴会用個室利用料
5,400  
 
 飲み物

13,650

 宿泊食事料
220,000 ▲ 13,198  20,000×11
 ふるさと割 助成金(下段注参照) 110,000

 宿泊者は助成金の対象
 日帰り者食事料
17,280  

 記念写真(送料とも)
5,408
 欠席者向け「写真はがき」を含む
 諸雑費  
240

 端数処理(寄付) 426  
70,300
 清算にあたり、下記の返金を行なった。
 屋形船に乗らなかった方へ
1,300

 宿泊参加者(ふるさと割適用)
65,000
 6,000×10 5,000×1(概算清算)
 日帰り参加者  
4,000 0  2,000×2

 「ふるさと割り」とは、「地域住民等緊急支援交付金」を原資に全国で販売されたプレミアム商品券。
 滋賀県では 期間限定で旅行が対象になっており、宿泊者分で申請を行なった。1泊20,000円の50%引きである。
         
作表幅 730、左より 220、90、90、90、230