意賀美神社梅園 2018年3月
小規模な梅園、静かな静かな観梅でした。
▼ 写真の上にポインタ(矢印)を置くと、絵柄が替わります
▲意賀美神社

京阪電車の梅の名所で開花情報を見ていたら、大阪天満宮・大阪城公園・元離宮二条城・北野天満宮・石山寺・・・の名所に並んで〝意賀美神社(大阪府枚方市)〟が。
枚方市には20代後半と40代前半で 10年ほど住んでいたが、この神社を聞いたことがない。〝おがみじんじゃ〟と読むのだそうだ。
一本の木から白とピンクの花が咲く「源平咲き分け」は珍種と評判が高いと紹介されている。

梅林の梅は 110本。かなり小振りの梅園だ。
例年だと2月下旬から3月上旬が見頃。今年
(2018年)は天候不順で10日ほど遅れての満開。
薄曇り。天気も持ちそうなので、行ってみた。どんな賑わいがあるのだろうと期待しながら。
沿線観光案内〝梅〟では二番目に記載されている。改札をでた。意賀美神社への案内板がナイ。念のためにプリントしておいた地図を頼りに向かう。
道案内の標識もナイ。観梅客らしい人たちも見当たらナイ。
神社(本殿)へ着いた。梅の木がナイ。梅園への誘導もナイ。西にある石段を100m下ったところに〝あった〟。
満開・日曜日・薄曇りと観梅の環境には恵まれているのに、人影はナイ。
ゆったりと静かな観梅だ。露店もナイ、無粋な音楽や案内もナイ。梅まつりも終わっている。
一見 ナイナイ尽くしのようだが、〝ナイというのも実に味がアルものだ〟と発見した気分になった。
いい観梅になった。

意賀美神社
御茶屋御殿跡展望広場


 ←このマークをクリックしていただきますと、2018年3月(奈良)大和文華館につながります。

【旅のデータ】
① 自宅 意賀美神社・御茶屋御殿跡展望広場 自宅