20051 京都:白河院


いつの間にか『卒業後半世紀』を意識するクラス会となりました。
島倉千代子「この世の花」「りんどう峠」、三橋美智也「おんな船頭唄」、宮城まり子「ガード下の靴みがき」、春日八郎「別れの一本杉」が流行歌だった時代です。
「私の秘密」「日真名氏飛び出す」・・・テレビは白黒でした。

3年9組。48名が巣立ちました。宇三郎先生・伸子さん・弘温くん・雅夫くん・春美さん・秀雄くんが逝去されています。ご冥福をお祈りします。

クラス会の開催通知・・・ご住所が判らず10名の方にお届けすることができませんでした。お元気に活躍されていると、思うことにしましょう。

復興を目指しての激動の半世紀でした。たぶん、この半世紀、平穏無事でありつづけられたクラスメートは、ひとりとして なかったでしょう。山あり谷あり・・・の時代でした。


左のボタンをクリックすると、面影編につながります。



プレートをクリックすると「次回」のクラス会につながります





 会計報告


 重昭くん作成のA4判組写真と
 CD-ROMは、未清算となって
 います。
 開催前の残高

7,042
 参加費 135,000

 白河院(食事・会場費・その他)
122,270
 木の館(喫茶)
11,170
 写真プリント代
7,447
 郵送費(写真・CD-ROM)
3,140 -1,985